NEWS
新着情報・トレーのご紹介

2020/11/04

ワイヤーハーネス用トレーのご案内

弊社のワイヤーハーネス用トレーについてご紹介させていただきます。

【ワイヤーハーネスについて】
ワイヤーハーネスは、電源供給や信号通信に用いられる複数の電線の束と、圧着端子やコネクタで構成された集合部品です。自動車の車内配線など、高性能かつ多機能な機械装置の内部に数多く張り巡らされております。
自動車で例を挙げますと、エンジンはもちろんのこと、エアコン、ルームランプ、カーナビ、エアバック、さらには後部座席でのTVやDVD観賞など近年の自動車は多機能化がますます進んでいるため、それに伴い自動車に搭載される電気や配線の量が増大しています。

 

主に工程用、出荷用として多く使われていますが、その他にも保管用、搬送用などとして使われるワイヤーハーネス用トレーを製造、納品しております。

 

【ワイヤーハーネス用トレーの特徴】
①入数最適化のトレー
ワイヤーハーネスは、細長い製品が多いため、配置方法によって製品入数は、大きく変わります。
そのため、弊社では長年培った設計ノウハウをもとに、お客様の製品仕様に合わせて、入数最適化のトレーを提案致します。

 

②ワイヤーハーネスに適した材料選定
重量がある製品、電子部品に対して、これまでの多くは、重量物に適性があるPETやPPのトレーをご提案させて頂いております。
<材質特徴>
・PET:剛性が優れている
・PP  :柔軟性があり、割れに強い ※さらに、添加物を加えることで剛性を上げることが可能
お客様の仕様に合わせて最適な材料を選定し、提案をさせて頂きます。

 

お客様の製品仕様に合わせ、最適な材質にてトレーを製作いたします。

 

ご要望に応える確かな企画、設計力で、ワイヤーハーネス用トレーをご提供いたします。

 

また、そのほかにも多種多様な電子部品の真空成型トレイを取り扱っています。
⇒詳細はこちらをご覧ください※真空成型トレイとは


どうぞお気軽にご連絡ください。
⇒お問い合わせはこちら✉