NEWS
新着情報・トレーのご紹介

2020/11/18

電子部品トレーのご案内

弊社の電子部品トレーについてご紹介させていただきます。

 

【電子部品について】
私たちは日頃から多くの電子部品を使用しております。
スマートフォン、パソコンでは液晶ディスプレイ、カメラレンズ、FPCなどの部品が使われており、自動運転化が進む自動車ではセンサ、コンデンサ、コネクタ、レゾルバなどの電子部品の積載量が大幅に増えております。
これらの製品には、他にも半導体、スイッチ、リレー、コイル、モーター、ヒューズ、トランジスタなどの電子部品が使用されています。

 

弊社では様々な種類や大きさの電子部品に合わせたトレーをご提案しております。
 主に工程用、出荷用に多く使われていますが、その他にも保管用、検査用、搬送用などの用途で使われるトレーを製造、納品しております。

 

【MAPPREND.の電子部品トレーの特徴】
①製品を守るトレー
 電子部品と言いましてもサイズ、重さ、形状が異なる様々な電子部品があります。
 弊社では、過去1,500件以上の設計実績から培ったノウハウを活かし、製品規制箇所、抑え箇所等を考慮した製品を守る最適なトレーを提案致します。

 

②輸送に適したトレー
 どんなに良いトレーを作っても輸送時の落下により、製品やトレーが破損すれば、意味がありません。
 弊社では、これまでに使用方法、製品重量を考慮し、高さ最大2mの落下試験にもクリアした実績があります。
 お客様の仕様に合わせた最適な強度のトレーを提案致します。

 

③入数最適化のトレー
 製品入数を1つでも多くすることで、製品に対するトレー単価を下げることができます。
 製品の安全性を最大限考慮した設計をすることで、入数を増やしても製品を守ることができます。
 お客様の仕様に合わせて、最大入数のトレーを提案致します。

 

【MAPPREND.の電子部品トレイの素材】
 材料は主にPET、PS、PPの各種シートからお客様の製品に最適な材料を選定し、ご提案させて頂きます。
 それぞれのグレード、その他のシートをご紹介いたします。
・PETシート  (ノーマル、帯電防止、導電性)
・PSシート   (ノーマル、帯電防止、導電性)
・PPシート   (ノーマル、帯電防止、導電性)
・その他     (永久帯電防止、耐摩耗シート、環境配慮型シート)

 価格は、導電性>帯電防止>ノーマルとなっております。

 電子部品は一般的に静電気を嫌うことが多いですが、実は帯電防止でも十分静電気対策ができる製品に対して、導電性を使用されており、必要以上にオーバースペックな材料を長年使用し続けているケースも見受けられます。

 ご要望に応える確かな企画、設計力で、電子部品トレイをご提供いたします。

 

また、そのほかにも多種多様な電子部品トレイを取り扱っています。
⇒詳細はこちらをご覧ください※真空成型トレイとは


どうぞお気軽にご連絡ください。
⇒お問い合わせはこちら✉