What is vacuum molding tray
真空成型トレーとは

What is vacuum molding tray
真空成型トレーとは

真空成型とは、加熱して軟化させたプラスチックシートを金型に押し付けてシートと金型の間の空気を吸うことで真空に近い状態にし、シートと金型を密着させ、冷却硬化することで作り出す成型法です。

真空成型では、様々な材料から要求仕様に合わせて材料選定することにより、製品に合ったトレーを製作できます。

材質そのものだけではなく、厚みを変えることでも違う仕様のトレーができます。同じ型で違う材料の成形も可能です。
※材料ごとに材料収縮率が異なり、トレーの寸法が変わってきます。

■厚みのある材料→トレーの強度UP。重量物を入れるトレー、繰り返し使うトレーなど。
■薄い材料→コスト改善。軽量物を入れるトレー、1WAYトレーなど。

 

STEP01 シート供給 STEP02 シート加熱 STEP03 成型加工 STEP04 抜き加工 STEP05 完成

Merit and Demerit of vacuum molding
真空成型トレーのメリット・デメリット

  • メリット
  • ■射出成型に比べて、金型費が安い
  • ■金型生産までのスピードが早い
  • ■少量生産から大量生産まで対応可能
  • ■試作費用が安い
  • デメリット
  • ■細かい精度が、射出成形に比べ出にくい
  • ■トレーの肉厚が均等でない
  • ■後加工(抜き)が必要

CONTACT US
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6222-8418
【受付時間】9:00~18:00 ※土日祝は除く

メールフォームはこちら


CONTACT US