NEWS
新着情報・トレーのご紹介

2021/05/27

真空成型トレーのご案内

弊社の真空成形トレーについてご紹介させていただきます。

 

【真空成形トレーについて】
真空成形とは、加熱して軟化させたプラスチックシートを金型に押し付けてシートと金型の間の空気を吸うことで真空に近い状態にし、シートと金型を密着させ、冷却硬化することで作り出す成型法です。

真空成型では、様々な材料から要求仕様に合わせて材料選定することにより、製品に合ったトレーを製作できます。

弊社では電子部品、化粧品を中心に、真空成形トレーをご提案しております。


<部品例>
電子部品・・・ディスプレイ、タッチパネル、バックライト、偏向パネル、FPC、センサー、コンデンサー、コネクター、スイッチ、リレー、コイル、モーター、ヒューズ、トランジスタ、レンズ、プリズム、光学部品、ローラー、エンコーダー、インダクターなど

 

化粧品・・・トライアルセットやセット販売に使用するトレー、容器搬送に使用するトレー(ボトル、エアレス、コンパクト、ペン、リップ、ジャー、チューブ等の容器)など

 

【真空成形トレーの特徴】
①射出成型に比べて、金型費が安い
②金型生産までのスピードが早い
③少量生産から大量生産まで対応可能
④試作費用が安い

 

【真空成形トレーの材料】
材料は主にPET、PS、PPの各種シートからお客様の製品に最適な材料を選定し、ご提案させて頂きます。
それぞれのグレード、その他のシートをご紹介いたします。
・PETシート  (ノーマル、帯電防止、導電性)
・PSシート   (ノーマル、帯電防止、導電性)
・PPシート   (ノーマル、帯電防止、導電性)
・その他     (永久帯電防止、耐摩耗シート、環境配慮型シート)

また、材質そのものだけではなく、厚みを変えることでも違う仕様のトレーができます。同じ型で違う材料の成形も可能です。
※材料ごとに材料収縮率が異なり、トレーの寸法が変わってきます。

■厚みのある材料→トレーの強度UP。重量物を入れるトレー、繰り返し使うトレーなど。
■薄い材料→コスト改善。軽量物を入れるトレー、1WAYトレーなど。

 

【参考価格】
・トレー単価:約25円~
・金型単価:約5万円~

(参考仕様)
A4サイズ/一般材/材料厚み0.5t

 

また、多種多様な電子部品の真空成型トレーを取り扱っています。⇒詳細はこちらをご覧ください※真空成型トレーとは