NEWS
新着情報・トレーのご紹介

2020/11/27

センサー用トレーのご案内

弊社のセンサー用トレーについてご紹介させていただきます。

 

【センサーについて】
センサーとは、ある対象の情報を収集し、機械が取り扱うことのできる信号に置き換える装置の事をいいます。
機械はセンサーから得た情報を基に、制御や処理を行います。

 

センサーの種類の一部と使用例を紹介いたします。

・温度、湿度センサー・・・エアコン、加湿器など
・光センサー・・・外灯、人感センサーなど
・地磁気センサー・・・カーナビ、スマートフォンなど
・GPS・・・電子コンパス、パソコン(開閉検出)など
・ジャイロセンサー・・・ドローン、カメラ(手振れ防止)など
・イメージセンサー(CMOS)・・・Webカメラ、車載カメラなど
・タッチセンサー・・・タブレット、パソコンの画面など

 

今後はIoT、5Gの更なる発展によりスマートフォンやパソコンなどの通信機器だけでなく、医療機器、ウエアラブル機器、車載、インフラなど、あらゆるモノがインターネットで情報を共有できるようになり、より便利で安心かつ安全な社会が生まれます。
センサーは、これらを実現するうえで無くてはならないものです。

 

弊社では様々な種類や大きさのセンサーに合わせ、最適な形状、材質のセンサー用トレーをご提案いたします。

 

【センサー用トレーの特徴】
①小型センサーにも対応するトレー
アプリケーションの進化に伴い、センサーも小型化が進んでいます。
特に、小型センサーは非常に軽量で、トレーから飛び出しすい製品となっております。
それを防ぐために、製品の規制箇所や抑え箇所の役割が非常に重要です。
しかし、真空成型は細かい成型に制限があり、自由に成型できるわけではありません。
弊社の設計技術と製作時の成型技術にて、難易度の高いトレーにも対応します。

 

②センサー用トレーにも適した材料選定
センサーは、ゴミを嫌います。
そこで、導電性の高い材料を使用することで、輸送時のゴミの付着を軽減することが可能です。
グレードは、導電性>永久帯電防止>帯電防止>ノーマルの順で、ゴミ付着防止に対しての効果を発揮致します。
お客様の製品仕様に合わせ、最適な材質にてトレーを製作致します。

ご要望に応える確かな企画、設計力で、センサー用トレーをご提供いたします。

 

また、そのほかにも多種多様な電子部品トレイを取り扱っています。
⇒詳細はこちらをご覧ください※真空成型トレイとは


どうぞお気軽にご連絡ください。

⇒お問い合わせはこちら✉