NEWS
新着情報・トレーのご紹介

2020/10/15

ダイオード用トレーのご案内

弊社のダイオード用トレーについてご紹介させていただきます。

 

【ダイオードについて】
ダイオードとは一方向に電流を流して、逆の向きには電流を流さない性質を持つ電子部品で、トランジスタやICなどと同様に能動部品の一種として使用されています。
LED(発光ダイオード)もダイオードの1種になり、テレビ、スマートフォンなどのバックライトやパソコンの電源ランプなどにも使用されています。
ダイオードと言いましても、一般的に使用されるシリコンダイオード、ダイオードを4本または6本繋いだダイオードブリッジ、リモコンに使用されるフォトダイオード、LEDに使用される定電流ダイオードや発光ダイオードなど多くの種類、特徴があります。
以前は真空管ダイオードが主流でしたが、ゲルマニウムダイオードになり、今ではシリコンダイオードが主流と変化を続けております。ダイオードの小型化につれ、スマートフォンやウェアラブル端末、カメラをはじめとする電子機器の小型化が可能になりました。​

 

弊社では様々な種類や大きさのダイオードに合わせたトレーをご提案しております。
主に工程用、出荷用として多く使われていますが、その他にも保管用、搬送用などとして使われるダイオード用トレーを製造、納品しております。

 

【MAPPREND.のダイオード用トレーの特徴】
①ダイオード用トレーに適した寸法精度
金型には凹型と凸型の仕様がございます。
雄型と雌型、表型と逆型とも呼ばれています。
小型のダイオードには、精度が求められるため、要求に合わせた金型仕様、治具にて製作いたします。

 

②輸送に最適なトレー
お客様の輸送仕様に合わせた強度がなければ、輸送時の落下により製品やトレーが破損する可能性があります。
弊社では、これまでに使用方法、製品重量を考慮し、高さ最大2mの落下試験にもクリアした実績があります。
お客様の仕様に合わせた最適な強度のトレーを提案致します。

 

③自動機に最適なトレー
ダイオードのような小型の部品の組み立てなどは、設備の自動化が進んできております。
自動化に伴い、トレーにも、寸法や反りなどの精度が求められます。
お客様の設備のハンドリングや、製品のピッキング方法に合わせた最適なトレーを提案致します。

お客様の製品仕様に合わせ、最適な材質にてトレーを製作いたします。

 

ご要望に応える確かな企画、設計力で、ダイオード用トレーをご提供いたします。

 

また、そのほかにも多種多様な電子部品の真空成型トレイを取り扱っています。⇒詳細はこちらをご覧ください※真空成型トレイとは


どうぞお気軽にご連絡ください。
⇒お問い合わせはこちら✉